So-net無料ブログ作成

四国・中国地方旅行記⑤:阿智神社(岡山県倉敷市) [レジャー・旅行]

achi1.JPG

時間の流れと更新のタイミングがあまりにも合わず、最早蔵出しレベルですが、ちゃんと最後まで続けたいと思います。季節感のずれはご容赦ください。
倉敷最終日となったこの日は、チェックアウト前にひと散歩・・・ということで、近くにある阿智神社(あちじんじゃ)というところへ、散歩ついでに行ってきました。


achi2.JPG

早朝の美観地区はあまり人気がなく、これはこれでまた良い感じでした。

achi3.JPG

そして、星野仙一記念館。まさかここにあるとは思いませんでした。まぁ、地元の有名人には違いないのでしょうが。


achi4.JPG

入口は、美観地区の商店や宿が並ぶ路地にありました。何となく、なんらかの店に入るような感覚でした。


achi5.JPG

鳥居です。


achi6.JPG

鳥居の横には、このような標識がありました。この阿智神社、神社のサイトやウィキペディアを見ると、応神朝に朝鮮半島より渡ってきた漢の霊帝の曾孫、阿知使主(あちのおみ)一族が作った庭園が元となっている、との事です。


achi7.JPG
achi8.JPG
achi9.JPG

面白かったのが、階段ごとに、段数にちなんだ名称がつけられていたことです。最初の階段は88段だったので「米寿坂」。次の階段は61段なので「還暦坂」という具合です。


achi10.JPG

それらの階段(坂)を上がると、いよいよ境内です。ちなみに、最後の階段は33段で「厄除坂」という名前でした。


achi11.JPG

凛々しい狛犬です。


achi12.JPG

狛犬の反対サイドには、このような記載がありました。


achi13.JPG

そして境内です。この日の朝は快晴なのもあってか、非常に綺麗な空気が肺に入り込んでくる。そのような感覚でした。


achi14.JPG
achi15.JPG

早朝にも関わらず、多くの人が参拝に訪れていました。カメラを持ってた人も散見されましたので、観光客も多かったのだと思います。


achi16.JPG
achi17.JPG
achi18.JPG

絵馬殿からは、倉敷市内が一望できました。


achi19.JPG

無事参拝を終え、宿へと戻ります。緑が生い茂っており、心が洗われるような空間です。


achi20.JPG

行きは見落としていましたが、鳥居から境内までの間に、このような立札がありました。人生と儀礼を表に書きまとめたものです。こうやって俯瞰してみてみると、色々な事があるように思える一方、あっという間なのだな、という気持ちも持った次第です。我儘はいけませんが、人生においては妥協しすぎも良くないなと、改めて感じました。一度きりですからね。


achi21.JPG

そして、美観地区へ。この後は、今回の旅のメインである高知へと向かいました。


人気ブログランキング
nice!(51)  コメント(1) 
共通テーマ:blog

nice! 51

コメント 1

sonic

nice!をくださった皆様、ありがとうございました
by sonic (2017-10-10 06:13) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。



Support Wikipedia