So-net無料ブログ作成
検索選択

ビジネス ブログトップ

景況というよりは、世代サイクルを反映した動きのような気がします。 [ビジネス]

来春採用、7割超が積極姿勢=自動車、住宅は増加―売り手市場続く・100社調査(時事通信)
https://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20170319-00000054-jij-bus_all

開店休業状態ですが・・・。なんとか踏ん張ろうと思います。
そういや、そろそろこのブログのタイトルも変えないとなぁ・・・。

という独り言は置いといて、このニュースが気になりましたので採りあげました。
一見すると、良いこと(基本的にはそうだと思います)に見えますが、自動車や住宅業界というのがやや気になります。私の知識不足かもしれませんが、内需という括りで考えると、両業界ともこれからは下火のような気がしてなりません。寧ろ、大量採用であったの団塊世代社員が抜けたことの調整なのかなと感じました。

ただ、雇用なしには景気回復なし、というのはある面その通りだと思いますので、今は斜陽に見えてても、何らかの革新的な動きによって内需も活気づく可能性に期待したいです。
景気良くなってほしいですね。大手企業勤めでないこともあってか、私には、まだ恩恵が届きません・・・。


人気ブログランキング
nice!(26)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

ドコモとイオンが新会社設立 [ビジネス]

ドコモとイオン、モバイルマーケティングの新会社設立――モバイルCRMを強化(+D Mobile)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090331-00000087-zdn_m-mobi

解雇やら倒産やらの言葉が躍る中、新会社設立のニュースがあったので採り上げてみました。
モバイルを使ったサービス強化のための設立みたいですね。

民間企業だけではなく、F1チームのようなところからも多くの失業者が出ている状況にも関わらず、その採用の受け皿となりそうなところが見えない中、関連職種経験者には渡りに船となるのでしょうか。

今日はエイプリルフールです。
いまの私の環境(ビジネス面)こそ、「嘘」と言いたいものですが・・・
nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(1) 
共通テーマ:携帯コンテンツ

ミイラ捕りがミイラに [ビジネス]

CA390600.JPG

以前に当ブログ(http://gentlemansonic.blog.so-net.ne.jp/2009-01-28)でも紹介した上記の本、ブログ上で紹介をする過程で興味がわいたので、昨日Amazonで買いました。
↓の本です。

費用対効果が23%アップする 刺さる広告―コミュニケーション最適化のマーケティング戦略

費用対効果が23%アップする 刺さる広告―コミュニケーション最適化のマーケティング戦略

  • 作者: レックス・ブリッグス
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2008/10/18
  • メディア: 単行本

発売当初に買おうかどうしようか悩んでおり、そのまま買わずじまいでしたので、丁度良い機会になりました。
最近読書を怠っていたので、また以前のペースでどんどん読んでいきたいと思います。
情報は常にインプットしていかないと、すぐに後れを取ってしまいますし、何よりも自身の引き出しが増えないと痛感します。最近特にそう思うようになりました。

人気ブログランキングへ
タグ:Amazon
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

インターネット広告市場、堅調? [ビジネス]

インターネット広告市場は2013年に8,500億円規模へ――シード・プランニング調べ(japan.internet.com)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090127-00000008-inet-inet

2013年に8,500億円規模ですか。凄いですね。
従来のマス広告需要が落ち込んでいる中で、反比例しているような感じですね。
確かに最近、インターネット広告にクリエイティブな類のものが増えている感はありますね。凝っているというか、斬新なアイデアというか。
その辺がこの媒体の勢いを物語っている気はします。

ただ、インターネット広告(特にリスティング広告やターゲティング広告)って、実はあまり効果が無い気がしています。
確かに割安な媒体だし、今までの媒体と違い、CVRだけでなく、インプレッション数やらクリック率とか数値化しやすい要素が多いためにプロセスをある程度把握しやすく、一見効果がありそうには見えるのですが。
ん~、単に私がインターネット広告に対して勉強不足なだけかな・・・


費用対効果が23%アップする 刺さる広告―コミュニケーション最適化のマーケティング戦略

費用対効果が23%アップする 刺さる広告―コミュニケーション最適化のマーケティング戦略

  • 作者: レックス・ブリッグス
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2008/10/18
  • メディア: 単行本


LOVE DISTANCE-結果 [ビジネス]

以前に書いた「LOVE DISTANCE」という広告サイトについてです。
http://gentlemansonic.blog.so-net.ne.jp/2008-12-18

年末年始バタバタしていて、結果について全く触れていませんでした・・・
広告主は、「サガミオリジナル」で知られる相模ゴム工業株式会社だったんですね。正直言って、全く以て想像していなかった結果です。

この相模ゴム工業社、Webサイトを見てみると、コンドーム以外の商材も扱っているんですね。介護用品の製造や、プラスチック製品(クリアファイルやエンボスなど)の製造も行っているんだそうです。
しかも、東証二部上場(昭和36年から)なんですね。

そんなこと、全然知りませんでした・・・[ふらふら]
自分の不勉強を反省するとともに、良い勉強になりました。

私といういち生活者が、今回の広告サイトをきっかけに同社の違った側面を知ったという点で、広告効果は多少なりともあったということでしょうか。

それにしても、今回こういったデザイン性に優れた(先鋭的な)Webマーケティングを行ったんだから、企業サイトの方ももうちょいカッコいいものにすればいいのに・・・。
勿体ないなぁ・・・と思います。

人気ブログランキングへ

LOVE DISTANCE [ビジネス]

ネットサーフィンというやつをしていたら、こんなサイト見つけました。
http://www.lovedistance.jp/

「LOVE DISTANCE」という広告キャンペーンサイトらしいです。
男性が福岡,女性が東京から出発し、クリスマスイブにとある地点で合流するまでの様子をインターネットで配信するという企画です。
広告主の社名はクリスマスイブに明かされるんだとか。

恐らくは知名度高い大手企業なんでしょうが、せっかくこんな企画をやるんだから、大企業だけど生活者にはあまり知られていない企業(企業規模の割に知名度が低い企業)だと面白いなとは思います。
少なくとも、このキャンペーンを知っている人には強く残るでしょうから。
例えば、部品メーカーとか、BtoBのビジネスをやっている企業です。

いずれにしても、今までなかったタイプの広告だと思いますので、関心持って動向をチェックしたいです。
ビジネス ブログトップ


Support Wikipedia